INTERVIEW 01

 

 

お客様が最初に感じた「感覚」を大切にしながら、調査・分析。
ゼロから商品を生みだしていくパイオニア

 

 

 

2016年9月入社
商品企画開発2部 シニアマネージャー

 

 

都市 亜矢

―――  入社動機を教えてください

 

「ここならば、自分が携われる領域が広い分、
色々な挑戦ができる」――それが魅力で転職を決意

 

 

海外で大学を卒業したのち、語学を活かせる仕事がしたくて、外国人向け不動産に入りました。その後、職種にとらわれず面白い仕事に挑戦したくて大手化粧品会社の商品企画へ転職。そこでマーケティングや商品開発を学びました。未経験からの挑戦です。ただ、マーケティングを意識した商品づくりは魅力的だったのですが、今後のステップアップを考えた時、もう少し規模の小さい会社の方が、自分が携われる領域が広い分、色々挑戦していくことが出来るのではないかと考えるようになり転職をしました。

―――  業務内容を教えてください

 

お客様が最初に感じた「感覚」を大切にしながら、
原因を掘り下げ分析し、商品コンセプトを生んでいく

 

 

私は今商品企画に携わっていますが、商品企画には、「新ブランドの開発」と「既存ブランドの育成」という2つの大きな仕事があります。そのどちらにも、市場調査や顧客調査――つまり、お客様にどんなニーズがあって、どんな課題があるのか紐解いていくことは大切であり、競合分析をしながら、お客様のどのような悩みに対して、どんな解決策を提案していくかを分析して、商品コンセプトを生んでいくことが大切になります。

 

当社の強みの一つが、実は「研究所」がないことなのですが、研究所がない分、様々な技術や原料等を自由に開拓でき、より効果を出す製品にチャレンジしやすい環境です。それはお客様の悩みを解決する為に、原因を掘り下げ、様々な会社から情報を受け選んでチャレンジしていけることに繋がっており、とても面白いですね。

 

化粧品というのは成熟市場なので差別化がとても難しいですが、当社はベンチャー会社。常に挑戦を忘れずに、お客様が最初に感じた「感覚」を大切にしながら、他にはない商品づくりを日々チャレンジしています。